Load

元不登校生から、現代の不登校生へ
伝えたい想いがここにある

不登校生と元不登校生を繋ぐサービス
Clue(クルー)のご紹介

Clueとは?

不登校は面白い人生の幕開けだ

自分の捉え方次第で「過去は変えられる」【後編】

湯山秀平

1年間引きこもっていたからこそ無我夢中で勉強が出来て、早稲田大学に進学することが湯山さん。その後はどのような心境の変化があったのでしょうか。後編では引きこもった経験があったからこそ見えてきたものをインタビューさせていただきました。※前編はこちら :1年間引きこもっていた分、沈んだ勢いでジャンプ出来た【前編】

ルネサンス高等学校

─大学生活は楽しく過ごせた?

4年間トータルで考えたら、楽しかったのは楽しかったんですが、中高時代の自分が出そうになることは何度かありました。

─それは行きたくなくなるみたいな感じ?

そうですね、オンオフが激しい人間だなというのがわかったので、0になりそうなことは何回かありました。

─大学時代にそれがうまく調節出来るようになった?

なりましたね。中高の時はそれに気付くことが出来ず、高校時代で電池が切れたようにオフになってしまったんですが、大学に入り電池がなくなる前に、自分で気づけるようになりました。

完璧主義じゃないですけど、0か100のどっちかみないな感じなんで、受験勉強は100で頑張ったんので、受験勉強が終わった後に一回0になっちゃったんですよね。

大学1年の春から夏にかけては、「これはまずいな」という感覚がありましたね。

サークルにも春からは入れなかったんです。また高校時代と同じで、なんかワイワイしていて嫌だなみたいな。

その後、たまたま大学の1年生の冬にやりたいことが見つかり、そこから2〜3年間はそれをやっていた感じです。

─やりたいことが見つかったきっかけとかはあった?

東北の復興支援のボランティアに大学のプログラムで行かせてもらって、そこでボランティアって人と出逢いがあって楽しいなと感じ始めたのがきっかけです。

その後、マレーシアで教育支援をやっているボランティアに携わりました。

─それは具体的にはどういうことをされたんですか?

色んな年齢の子供たちに授業形式で英語や算数を教えたりしていました。そこから大学時代は就活までボランティア漬けの生活をしていました。

─教育系のご職業に就きたいなとは思わなかった?

ボランティアをやってみてダイレクトに子供たちに教えること自体には興味がないなということに気付いたんです。けれども、人の成長とか人が頑張るのを後押しするのは面白いなと感じで、人事系のコンサルティング会社ならそれに近いことが出来るのかなと思い就職をしました。

大学時代が学生の時で一番楽しかったかなというのがあります。やりたいことも出来たし、頑張りたい時に頑張れた感じです,

─社会人になったばっかりだと思うんですが、もう大丈夫?

そうですね、きつい時はきついんですが、まずなと思った時に気づけるのでどういう対処をしたら良いのかというのが何となく自分でわかってきました。






─因みにまずいなと思った時にはどのような対処を?

休み時は休むか、人と会うと元気が出たりするので、会いたい人に会うというのは大きいかもしれないですね。

─人と会うと元気が出るんですね。

自分の中からモチベーションが上げられないタイプだなと気付いたので、外から与えてもらう環境を作るのが自分にとって合っているのかなということに気付きました。

─今やられているお仕事というのが「人の成長を助ける」ということですが、それとご自身が引きこもっていた経験で繋がる部分はありますか?

あまり成長という言葉が実は好きではないんですが、ポジティブな経験だけが人を成長させるということではないという事を身をもって体験したので、そこへの意識は大きいかなと思います。

高校を辞めるまでは人生はずっとプラスであり続けたいと思っていたんです。いかにマイナスになることを避けるかみたいな。

マイナスががるからこそプラスがより大きく感じれるんだなというのを実感出来ました。

心に闇じゃないですけど、そういうものは誰しも持っているんじゃないかという気付きは大きかったです。

明るそうに人生何もなく送っていそうな人も実はそういう面もあって、自分がそういう経験をしたからこそ、そこに配慮してあげたいなと思えました。

ボランティアの団体で代表をやっていたんですが、その時もそういう意識は活かされたかなと思います。

─明るく見える人でも心に闇があるということに気付いたきっかけはあるんですか?

それは自分自身への振り返りが大きくて、自分は優等生であるということを自分自身でもそうですが、周りからも植え付けられた中学時代でした。

でも、実はそうでないということに自分で気づけたので、周りの人もそうかもしれないと推し量れるようになったのかもしれません。

─引きこもっていた期間というのは人として成長するのに欠かせない期間だったんですね。

たぶんそうだと思います。何年か経った後にやっとそれに気付けました。

社会的マイノリティーを抱えている人たちを支援している大学教授にお会いして、その方が僕のことを理解してくださったんです。

その方にすごく影響を受けました。引きこもってたり高校を辞めた経験も、ここ半年くらいになるまで人に話せなかったので。

それが徐々に話せるようになったというのも大きいです。これまでは弱い自分を認めたくなかったんですが、それがやっと最近変わってきたなと思います。

高校辞めたり引きこもってからは、自分や世間の敷いたレールから外れることに恐怖を感じなくなりました。それはすごく大きくて、楽になることが出来ました。

周りは就職活動で大企業などに行く人が多い中で、本当に自分のやりたいことをやらせてくれそうな会社を選べているというのはラッキーだと思います。

これに気付けたのは高校辞めて良かったかなと思います。虚勢を張らなくて良いし、世間の目を気にしなくなったし。

大学4年生の時に今までの経験を大学でプレゼンする機会があり、その時に一番伝えたかったのは「過去は変えられる」ということです。逆説的ですが、過去は変えられないんですが、自分の捉え方や今の自分を作っているという意味では変えられるのかなということにプレゼンを作っていて気付きました。

─今悩んでる子たちに何かメッセージは?

一番伝えたいのは、自分だけじゃないんだよというのがあります。その時は自分でもわからなかったんですが、そこに少しでも早く気付ければ楽になるのかなと思います。

周りもそういうサポートをぜひしてあげたいなと思います。引きこもってた時にすごく難しかったのが、自分だけじゃないと思いつつも、自分だけだと思いたい時があって。

「だけじゃない」と思うと人って楽になるじゃないですか?でも「こんなに苦しんでるのは自分だけだ」と思うことで楽になることがありました。

─自分だけだと思いたいとはどういうこと?

苦しんでる自分を守るというか、自分と同じ同系列で悩んでいるという括りにされたくなかったんです。両方の気持ちがあって、それがしんどかったですね。

─自分を認めるのが一番難しかったりしますよね。

たぶんそうだと思います。「これでいいんだ」という感覚になれなかったというか。「このままじゃダメなんだ」という感覚と「ここにずっといたい」という間で戦っていた感じですね。

─そういう気持ちの時はどうすれば良いと思いますか?

時間が解決するじゃないですが、焦らないことはすごく大事かなと思います。

自分で無理矢理頑張ろうとしても駄目だと思いますし、周りが無理矢理学校に行かせるのはもちろん駄目だと思いますし、自然と自分の中で整理がついてくる時間があって、それって人によって違ってくる。

10年掛かってしまう人もいると思うし、僕はたまたま運良く1年だったんですが、それが長い短いで良い悪いはないと思うので。






過去は変えられる

どんな経験でも捉え方次第で過去は変えられるという言葉が印象に残りました。そこに本当の意味で気付けた人こそ、バネにして跳ね上がることが出来るのかもしれません。

<湯山秀平>

高校時代に不登校を経験。高校中退後、高卒認定試験を経て早稲田大学商学部に進学。マレーシアの移民問題や教育問題に取り組む団体の代表などを経験。現在は組織・人事領域を専門とするコンサルティング会社に勤務。

ルネサンス高等学校



不登校生と元不登校生を繋ぐサービス
Clue(クルー)のご紹介

不登校生と元不登校生を繋ぐサービス Clueのご紹介
不登校生の一番の理解者は、元不登校生です
私たちも味わったその経験を、現在の不登校生にお話します。

Clueとは?