Load

元不登校生から、現代の不登校生へ
伝えたい想いがここにある

不登校生と元不登校生を繋ぐサービス
Clue(クルー)のご紹介

Clueとは?

不登校は面白い人生の幕開けだ

不登校生の居場所作りは簡単なことから始める

居場所

写真AC

不登校を受け入れることが出来た親はフリースクールや適応指導教室に通わせようとします。

しかし、いきなりフリースクールや適応指導教室に足を運ぶのは、子どもによってはハードルが高いです。

特にいじめなどや人間関係が絡んで不登校になった子は、人との接触が大人が考えている以上に勇気がいることです。

実際に、フリースクールや適応指導教室に通えている子はごく一部の子たちで、通えていない子の方が多いのが現状です。

私もそうでしたが、これは不登校の子たちにとってホップ・ステップ・ジャンプのステップを抜かしてジャンプするという状態にあるからだと考えられます。

ホップが親が子どもの不登校を受け入れて、家庭での居場所を作ってあげることだとしたら、その次のステップを作っていくことが必要になります。

ではステップでの簡単な居場所とはどのようなことでしょうか?

ルネサンス高等学校

ネット上での交流

外に出て人と交流するのが困難な場合は、ネット上で交流することから始めて見るのも一つの手段です。

私は不登校の頃、ネット上で交流して仲良くなった子と実際に会うことで外に出られるようになりました。

好きなことやイベント

好きなアイドルのコンサートなら外に出かけることが出来る、ゲームに関連することなどなら外に出れた、習い事のピアノ教室なら通うことが出来たなどの事例を聞きます。

子どもが興味を持っていることから、外に出るように手助けするのが1番居場所を作ってあげやすいかもしれません。

イベントだけなら1回で終わってしまいますが、それに関連するオフ会などに参加するなどしたら更に居場所が広がる可能性があります。

またそれが絵を描いたり、楽器を弾いたり、スポーツだったり、体を使ったり手を動かすことなら尚更ストレスを発散出来るきっかけになります。

同じ経験をした年上の子に会う

弊社のサービスである「Clue」は元不登校生の人たちがたくさん登録しています。

不登校になる子は精神年齢が高い子も多く、少し年齢が年上の人たちといる方が居心地が良い思う子が多いです。

また、同じ経験をした子たちだと気持ちをわかってもらえるという安心感があります。

それに加え経験者なら、上手くアドバイスして良い方向に引っ張ってくれるので、子どもが早く前を向きやすいということもあります。

ペットや植物

人間不信が強く対人恐怖症の傾向があるという子はペットを飼うことも効果的です。

私は犬を飼っていて、犬の面倒を見ることが居場所になりました。

ペットが厳しいなら植物を育てたりすることも手段の一つかもしれません。

動物や植物の世話をすることは、自分の存在価値を見つけやすいです。

人間との交流だけが居場所になるわけではないということも知っておきましょう。

その子の状況をみて、ケースバイケースで居場所を作るためのサポートをしてあげることが大切です。







不登校生と元不登校生を繋ぐサービス
Clue(クルー)のご紹介

不登校生と元不登校生を繋ぐサービス Clueのご紹介
不登校生の一番の理解者は、元不登校生です
私たちも味わったその経験を、現在の不登校生にお話します。

Clueとは?