Load

元不登校生から、現代の不登校生へ
伝えたい想いがここにある

不登校生と元不登校生を繋ぐサービス
Clue(クルー)のご紹介

Clueとは?

不登校は面白い人生の幕開けだ

いじめによる子どもと大人のストレスの違いとは?

いじめ

写真AC

いじめが原因で不登校になると、対処の仕方を間違えると、不登校期間だけではなく、その子のその後の人生に大きく影響を与えてしまいます。

人間不信や対人恐怖症など、様々な心の病気の誘発をしてしまうことにもなりかねません。

ルネサンス高等学校

大人と子どもの人間関係のストレスの違い

大人と子どもでは、同じ人間関係のストレスでも状況がちょっと違ってきます。

大人になってからも悪口を言ったり、いじめをするような心無い人はいます。

子どもの方が大人に比べてその負担は大きいです。何故子どもの方が苦しむのでしょうか?

コミュニティー(居場所)と経験の少なさ

例えば、大人同士でコミュニティーの中で悪口を言われたりしても、別のコミュティーなどで発散させることが出来ます。

また経験が多いので、これまでの人生で人間関係を上手く構築出来ていたら、子どもよりも自尊心を傷つけられることは少ないでしょう。

しかし、子どもは大人に比べて生きてきたフィールドや経験がが少なく、大人と違って居場所が少ないです。

学校以外にも習い事をしている子は別のところにコミュニティーがあり、それが救いになるかもしれませんが、ほとんどの子は子どもは学校というコミュニティーがメインになります。

そのため、学校でのいじめ=人間不信に大人よりも陥りやすいのです。

思ったことを上手く口で表現出来ない

大人は人間関係でストレスを感じて誰かに相談が出来ます。

知識や経験から感じたことや思っていることを言葉にしやすいですが、それに比べて子どもは自分の思っていることを言葉にしにくい傾向があります。

誰かにうまく伝えられない分、ストレスを抱えて殻に閉じこもってしまいがちです。

頭の中で整理する時間か必要

不登校生は時の流れがゆっくりだと言われています。その理由として、大人よりも経験が少ない分、頭の中で整理する時間が必要なのです。

「学校に行けないこと」「勉強が遅れること」「人間関係で傷ついたこと」など色んなストレスやプレッシャーが伸し掛かります。

大人の時間軸で考えて、色々焦らせてしまうと、子どもが更なるストレスを抱えてしまうことになりかねません。

子どものペースを見守りながら、ここぞという時には背中を押せるようにしていくことが大切です。

LINE







不登校生と元不登校生を繋ぐサービス
Clue(クルー)のご紹介

不登校生と元不登校生を繋ぐサービス Clueのご紹介
不登校生の一番の理解者は、元不登校生です
私たちも味わったその経験を、現在の不登校生にお話します。

Clueとは?