Load

元不登校生から、現代の不登校生へ
伝えたい想いがここにある

不登校生と元不登校生を繋ぐサービス
Clue(クルー)のご紹介

Clueとは?

不登校は面白い人生の幕開けだ

不登校の兄弟・姉妹に与える影響と対応方法

兄弟

写真AC

1人の子が不登校になると、別の兄弟・姉妹への対応も親としては気になるところ。

兄弟の1人が不登校になると他の子にはどのような影響が出るのでしょうか。

ルネサンス高等学校

不登校の兄弟・姉妹に与える影響

どちらのパターンも学校に対して居心地の悪さを感じていたり不満がある場合です。

学校自体が楽しいと考えている子たちにとっては、不登校にもならないですし、兄弟仲も悪くならないので今回は割愛します。

兄弟・姉妹も不登校になる

親としては避けたいところかもしれませんが、兄弟が不登校になると連鎖反応から別の子も不登校になるというのはよくあります。

理由として、「学校が苦手で行きたくない」という気持ちを元々持ってはいたものの、兄弟が不登校になったことで、「自分も不登校でも大丈夫だ」という気持ちが強くなる傾向があります。

このパターンは、兄や姉が先に不登校になり、妹や弟が続いて不登校になるということが多いのも特徴です。

この場合は同じ状況下に置かれるので兄弟・姉妹の関係性は良くなります。

兄弟・姉妹が不登校にならない

弟や妹が不登校の場合は、その兄や姉は不登校にならないパターンが多いでしょう。

弟や妹の不登校を心配する気持ちと同時に、自分までも親を心配させたり、迷惑を掛けたくないという気持ちから、例え学校に行きたくなくても頑張って行く選択を選びます。

ただ、自分は我慢して学校に行っているのにという兄弟・姉妹に対する不満が高まり、関係性が悪くなり、家庭に関してストレスを抱えてしまいます。

不登校の兄弟・姉妹の対応方法

どちらに転んでも親としては心配だと思います。では、どのような対応をしたらいいのでしょうか。

平等に愛情を与える

兄弟・姉妹の1人が不登校になった時、親はどちらに対しても同じように接するように心がけて下さい。

親からの愛情不足を感じた時に、「同じように不登校になったらかまってくれる」と感じて不登校になる子もいます。

また、兄弟・姉妹が不登校にならない場合も兄弟や親に「どうして◯◯だけ特別扱いなんだ」と不満を持つ傾向にあります。

兄弟で平等に扱って欲しいという気持ちや、自分だけが特別扱いされたいという気持ちは人間誰しも持っているものです。

ストレスのはけ口を作ってあげる

どんな子であれ、誰しも全く学校に対して不満がなかったり、学校での人間関係が常に上手くいっているわけでもありません。

怖いのは、学校に本来ならば行けるのにも関わらず、不登校をただの逃げ道にしてしまうことです。

もちろん、我慢の限界なら不登校を逃げ道にするという手段もありますが、出来るならば避けた方がいい道のりです。

そうならないためにも、話をなるべく聞いてあげたり、共感してあげることで、先にストレスのはけ口を作ってあげましょう。

性格にもよりますが、「親が兄弟・姉妹のことで大変そうだから自分のことまで話せない」と気を使ってしまう子も中にはいるでしょう。

逆に学校でのストレスを今まで言えなかったけど、不登校になった兄弟・姉妹が親に話したから、自分も話せるようになるというような環境を作るということも出来ます。

2人だけの時間を作る

不登校の子の兄弟と親の2人だけの時間を儲けるようにしていくことは大切です。

愛情不足を回避出来たり、平等でないことに対する不満を和らげてあげることが出来ます。

またその時に感謝の気持ちを伝えることも大切です。

「◯◯のことで大変だけど、◯◯のお陰でお母さん(お父さん)は助かっているよ。いつもありがとう。でも、◯◯の話も聞かせてね」

このように話すと、子どもの自尊心が高まります。自尊心が高まることで、不登校の兄弟に対する不満が和らぎプラスに変えていくことが出来ます。

家族関係が良くなると、家族が自分のことで悩んでいないと思えるので、不登校の子の兄弟だけではなく、不登校の子にも結果的に良い影響を与えるでしょう。

LINE







不登校生と元不登校生を繋ぐサービス
Clue(クルー)のご紹介

不登校生と元不登校生を繋ぐサービス Clueのご紹介
不登校生の一番の理解者は、元不登校生です
私たちも味わったその経験を、現在の不登校生にお話します。

Clueとは?