Load

元不登校生から、現代の不登校生へ
伝えたい想いがここにある

不登校生と元不登校生を繋ぐサービス
Clue(クルー)のご紹介

Clueとは?

不登校は面白い人生の幕開けだ

いつまで続くの?不登校の平均期間

平均

写真AC

「学校に行きなさい」と言ってはいけない。

頭の中で理解しつつも、「いつまで不登校が続くのか」「この状況からいつ抜け出せるのか」がと考えてしまうと思います。

当たり前ですが、子どもの状況によって不登校の期間は変わってきます。

ただ、適切な対応をしていたら、子どもの不登校の期間を短くすることは出来ます。今回は不登校の平均期間について見ていきましょう。

ルネサンス高等学校

平均期間は1年間と言われている

不登校の平均期間は約1年間と言われています。ただ、平均は色んなパターンを割った数なのであくまで参考程度にしてください。

1番大切なのはお子さんが、現在どのような状況にいるかということを把握すること。

親が適切な対応をしないと、例え子どもが「学校に本当は行きたい」と口では言っていたとしても、潜在意識の中で「学校に行かない」という選択をしてしまいます。

そうなってくると、一般的な不登校の平均期間を上回っていく可能性が高まります。

不登校生は時間軸がゆっくり

不登校の子どもは、周りの子たちよりも時間軸がゆっくりな子が多いの傾向があります。

周りの子の1週間が不登校の子の1ヶ月くらいと考えて下さい。それを頭に置いておくと、子どもが何も変わらないということにイライラすること減るでしょう。

不登校経験者は、大人になってからも若く見られることが多いとも言われています。これも、時間の感覚が周りと違うことが影響しているのかもしれません。

不登校の子は時間がゆっくり流れています。まずは考える時間を与えてあげて下さい。

子どもの心の声に耳を傾ける

学校に行くのがベストかどうかということは今回は置いておきます。

その上で、不登校期間を短くしたい場合、大切なことは「子どもの心の声に耳を傾ける」ということ。

「学校でいじめに合った※」などの大きな理由がなく、本人が学校に行かないことに対して「特に理由がない」と言っていたら、親からしてみたら「理由がないのに学校に行かないなんて、ただ怠けているだけでは」と思ってしまうでしょう。

※子どもがいじめに合った場合の対応方法はまた別の記事で書きます。

しかし、子どもが表面的にそう言っていたとしても、「心になんらかの傷を追っているから学校に行きたくない」のです。

行けない理由をうまく口に出来ない、または親に話したくないから理由がないと言っているだけです。

変化が起こりやすい最短の方法

私が数々の元不登校生や不登校の子に接してきた結果、子どもの変化を起こりやすくする最短の方法は、親の変化で家庭に居場所を作る→元不登校経験者と接触して友達になるです。

Clue」なら色んなタイプの元不登校生が約100人近く登録しています。

また、LINEでお気軽にご相談下さい。その後、適正にあった元不登校生にマッチングすることも可能です。

LINE







不登校生と元不登校生を繋ぐサービス
Clue(クルー)のご紹介

不登校生と元不登校生を繋ぐサービス Clueのご紹介
不登校生の一番の理解者は、元不登校生です
私たちも味わったその経験を、現在の不登校生にお話します。

Clueとは?